日本國寶豐前神樂 7月首度來臺

神樂是1種以日本神話為基礎的舞蹈,直譯為「娛樂眾神」,神樂舞最初稱作「神座」或「神倉」,類似於巫女(神社少女)舞蹈或木偶舞蹈。


舞者往往會身著鮮豔的古老服飾並佩戴面具,不時帶來高水準的演出,在某些節目中,神明則會由神官來扮演。


今年7月日本國寶非物質民俗文化遺產「豐前神樂」首次到台灣與民眾見面,希望能增進台灣民眾對豐前神樂的認識與促進台日文化交流


演出時間與地點近期將另行公告

豊前市を代表する伝統文化「豊前神楽」。平成28年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。豊前神楽は6つの神楽講(保存会)によって伝承されています。

豐前市的代表性傳統文化「豐前神樂」。在平成28年(2016年)被指定為國家重要無形民俗文化財產。豐前神樂由六個神樂講(保存會)傳承。

「豊前天狗太鼓」と「豊前神楽集団 若楽」のコラボレーションにより、豊前神楽の魅力を表現しています。

透過「豐前天狗太鼓」和「豐前神樂集團 若樂」的合作,展現了豐前神樂的魅力。